eオリーブオイル選び | Buy the Good Olive Oil

第24回
やってはいけない!
オリーブオイルの保存方法4つの注意点
【オリーブオイルYouTuber えーみーです。】

オリーブオイルYouTuberのえーみーです。9月も終盤、沖縄も平均気温30度ぐらいの日々が続いています。わたしも台風慣れしているとはいえ、もう少し太陽の季節を満喫したいな〜と思う今日このごろです。

さて今回は、前回に引き続き「オリーブオイルのやってはいけないシリーズ」。美味しいオリーブオイルを楽しみたいという人に「避けるべき4つの保存方法」をお届けしたいと思います。

その1)オリーブオイルを透明瓶に移し替えて保存しない!

何度もお伝えしていますが、大事なのでもう一度言いますよ。オリーブオイルは光を嫌うので透明瓶に入れるのはできれば避けてください。大きなペットボトルで購入した大量オリーブオイルを透明瓶に移し替えるなんて、やらないでくださいね。でも、調理用の透明瓶やプラスチック容器にほんの数日で使い切ってしまう分少量を移し替えて使う分には問題ありません。そんな時はできるだけ早く使い切って、継ぎ足しはしないでくださいね。光を遮るためにアルミホイルで透明ボトルの側面をカバーして遮光するという方法もありますよ。

その2)オリーブオイルの継ぎ足しはしない!

大きなボトルから入れ替えた時、何度も同じボトルにオリーブオイルを継ぎ足しをすると、ボトル中の側面についているオイルや、注ぎ口のオイルが空気に触れて酸化してしまうので、継ぎ足しはお薦めしません。外食のときに使いたい!と持ち歩き用に小瓶に移し替える人がいるかもしれませんよね。少量容器で、1日分を移し替えて持っていき使用して、次の日も同じように持っていくぐらいならOKかな。でもできるだけ、複数回小瓶に詰め替えて持っていくのは避けててくださいね。

その3)オリーブオイルに生のハーブ等を漬けこむ。でもその後、漬け込み放しにしない!

ハーブやニンニクを漬け込んだオリーブオイルがお洒落に並んでいるレストランを見かけることがありますよね。でも、ご自宅ではこれは避けたほうがいいかなと思います。もしご自宅でもやってみたい!という方は、使い切りができる少量のボトルでハーブオイルを作ってみてください。ハーブ、にんにく、鷹の爪を入れてオリーブオイルを具材がしっかりかぶるぐらいまでいっぱい投入してください。ここ注意ポイントです! ハーブ類が空気に触れるとカビが生えたりしますので、くれぐれもしっかりオリーブオイルで浸してください。使い始めてオイルが減っていき、ハーブ類が空気に触れるとまた、そこから腐っていきますので香りが十分オイルについたな〜と思ったら、清潔なトングなどでハーブ類は全て抜き取ってください。お洒落さに惑わされないでくださいね!

その4)大量のドレッシング作りは要注意!

オリーブオイルで作るドレッシングは最高ですよね。でも、一度に大量に使って保存する場合、冷蔵庫に長期保存しますよね。オリーブオイルは冷蔵庫に入れると固まり冷蔵庫から出して食べる時に溶けるのですが、そこで風味が失われてしまいます。できれば、可愛いサイズの容器で1回で使い切れる量のドレッシングを作って、フレッシュなうちに食べきってください。

どうですか?参考になりましたでしょうか。ぜひ皆さんも美味しい、安心安全なオリーブオイルライフを送ってください!

詳しくは「えーみーの思いっきりオリーブオイルライフYouTube」で見てくださいね!

「えーみーの思いっきりオリーブオイルライフ」チャンネル登録をお願いします!
Line Twitter Facebook
お問い合わせ