eオリーブオイル選び | Buy the Good Olive Oil

トマトベースのサラダ“ピピラーナ”をつくろう
世界一のオリーブ産地ハエンの郷土料理を食卓に
【オリーブ世界一の国 スペインから】

ハエン県の県都ハエン県の街角。年間平均気温17度、湿度が低くオリーブ生産に適した気候です

Hola!! 夏休みは日本に帰国していたためしばらくお休みしていましたが、9月になりスペインに戻ってきましたので、また月に2回のペースでスペインのオリーブオイル事情をお届けしていきます。9月になってもまだ蒸し暑いバレンシアでは、日々ガスパチョやサラダを作っています。今日は世界一のオリーブ産地 アンダルシア州ハエンのサラダ、“ピピラーナ”の作り方をご紹介しましょう。

ハエンのバルで食べたピピラーナ。素材の味を引き立てるのはオリーブオイル

ピピラーナ(pipirrana)と響きがかわいいこのサラダはトマトベース。ガスパチョとほぼ同じ材料を使うので、食べるガスパチョのようなサラダなんですよ。

【材料】3~4人分
・トマト               3つ
・ピーマン           日本のピーマンなら1つ

・玉ねぎ               4分の1

・ゆで卵               2つ
・にんにく           1かけ
・塩                      小さじ1

・オリーブオイル 50ml

・ビネガー           少々

・ツナ缶               1缶

【作り方】
① ゆで卵をつくる。

② 湯むきしたトマトとピーマンを、5~6㎜角に切る。玉ねぎも同じ大きさに切り、冷水に浸けておく。

③ ゆで卵は黄身と白身に分け、白身は5~6㎝角に切る。

④ トマト、3分の2の量のピーマン、水切りした玉ねぎ、ゆで卵の白身をボウルに入れて軽く混ぜ合わせる。

材料を5〜6m角にカットして、軽く混ぜ合わせる。彩りの鮮やかさも魅了の一つ

⑤ すり鉢にゆで卵の黄身と残ったピーマン、塩、オリーブオイル50ml、にんにくを入れてすり混ぜ、クリーミーなソースを作る。

これはスペインでよく見かけるアリオリソースを作るときに使う鉢。ただ、表面が滑らかでにんにくやピーマンをつぶすのが難しいため、日本ではすり鉢の使用をおススメします。

⑥ ④のボウルに⑤を入れ、さらにツナを混ぜ合わせる。

ここにツナを加えて和えます。

⑦ お好みでビネガーを少々加えてできあがり!! 冷蔵庫で冷やしてからお召し上がりください。

冷蔵庫で冷やしたら「いただきまーす!」カナッペ風にスライスしたバゲットにのせるもよし

どうですか? とても簡単でしょう? ⑤のクリーミーなソースを作る工程を省き、にんにくをみじん切りにし、ゆで卵もそのまま切って混ぜるだけの簡単レシピもあります。またキュウリやクミンを入れることでアクセントにもなりますね。ハエンでも土地によって少しずつレシピが違うとのこと。またアンダルシア州の他の地方でも食べられているそうで、確かに“pipirrana”で検索すると似て非なる料理の写真も出てきます。

蒸し暑くて食欲のない時も、スプーンですくえばペロリと食べられてしまうサラダです。カナッペ風にスライスしたバゲットにのせるもよし。食べる直前に上質のエキストラバージンオリーブオイルをまわしかけると、なおおいしくいただけます。冷えた白ワインとの相性もバッチリです。

ハエン料理なので、ハエン原産のピクアル種のオリーブオイルを合わせたいですね。ピクアル種が持つ青いトマトの香りが、トマトベースのピピラーナのおいしさをより引き出してくれるはず。

日本で手に入る材料で簡単に作ることができるので、上質でおいしいエキストラバージンオイルを使って、ぜひお試しくださいね。それでは、hasta luego!!(田川敬子)

Line Twitter Facebook
お問い合わせ