eオリーブオイル選び | Buy the Good Olive Oil

食と人とオリーブオイルの日々
【オリーブ世界一の国 スペインから】

スペインのバルには、テーブルに必ずオリーブオイルがあったが、いまはこの風景は見られなくなった
スペイン・バレンシア郊外の小さな旧城下町ハティバで、家族と暮らすオリーブオイルソムリエの田川敬子さん。スペイン語・英語・日本語を駆使して、オリーブオイル生産者・輸入会社・販売会社の関係をとりもつキーパーソンです。田川さんは、日本の私たちのテーブルに届くスペイン産オリーブオイルにとって、なくてはならない存在。オリーブオイル農家の話や、現地のユニークなオリーブオイル専門店、オリーブオイルパッケージデザイナーの話など、旬なレポートを映画のワンシーンのような、現地の美しい画像を交えて伝えてくれます。

Hola!! はじめまして。スペイン在住のオリーブオイルソムリエ、田川敬子です。初めてスペインを訪れた時にこの地に一目惚れして、いつかここに住みたい!という夢が叶い18年が過ぎたところです。オリーブオイルの生産量ダントツ世界No.1のスペインから(「え、イタリアじゃないの?」と思った方はいらっしゃいません?)、定期的に現地のオリーブオイルにまつわる話をお届けしたいと思います。

出会いは、バル。

私の長い人生の中で初めてオリーブオイルに注目したのは、やはりここスペインでした。場所はバル。日本の飲食店のテーブルの上には、醤油や塩、胡椒などが置いてありますね。ここスペインでは、それがオリーブオイルとビネガー、塩、胡椒(ないこともありますが)で、サラダは自分の好みに味付けします。ドレッシングは同じものを使うと意外と飽きてしまうのに、これだと飽きがきません。

それより驚いたのは、朝食のトーストにバターを塗るのではなく、オリーブオイルをかけて食べることでした!それもたっぷりと。これはカルチャーショックでした。皆さんはトーストにオリーブオイルをかけて食べたことがありますか? もしまだだったら、だまされたと思ってお試しください。ただし、おいしいエキストラバージンオリーブオイルで。お好みでお塩を少々振ってもOK。スペイン人はそこにすりおろした完熟トマトをのせて食べるのが大好きです。

アフターコロナのオリーブオイルは……?!

飲食店のテーブルに置いてあるオリーブオイルやビネガーですが、コロナウイルスの影響で姿を消すことになりました。不特定多数の人で使うと感染につながりかねないという理由から、1回分の個包装で提供しないといけないことになったのです。テーブル上のオリーブオイルはスペインの風物のひとつだったので、いつかまた復活することを願います。日本のイタリアンレストランでもテーブルオリーブオイルは見かけることがあるので、日本でもこれからどうなっていくのか、気になりますね。

というわけで、私とオリーブオイルの出会いはスペインのバル。そこから何の進展もなかったのに、2014年に2回めの出会いがあり人生が変わりました。この話はまた次回以降に。それでは、hasta luego!!

Line Twitter Facebook
お問い合わせ